さぁ、お金の話をしよう!決めた未来を実現するためのお金の話

menu

マネバナしよう!あなたのライフバランスを実現するためのお金の話

42.6万円の成功談。交渉なし!たった1日で車を高く売るコツ

3

あなたは車を高く売却するのに必要なものはなんだと思いますか?

交渉力?

車のランク?綺麗さ?新しさ?

話のうまさ?見せ方次第?

車の知識?

業者の選び方?

行動量?

私なりの答えを得たので、今回はそれをシェアしていきます。

 

2年間乗った車を売りました。

結論から言えば、最初の業者の見積が65万円だったのに対し、

結果107.6万円での売却。

車業界の知識がゼロだった自分が、高く車を売ることができました。

しかもたった1日で。

そして、ストレスがかかる交渉も全くしていません。

一円でも多く〜!とかって交渉するの、心が荒れますので抵抗ありますよね。

2年前、3年落ちの車をおよそ140万円で買って、

引越しに伴い使わなくなったので売却しました。

結果として残債以上の価格で売れたので、

毎月の支払い+駐車場代(これが高いのですが笑)+保険+税金だけで車ライフを送れたことになります。

まぁまぁでしょう。

今回、車を売るに当たって色々調べたのですが、

ほとんどがアフィリエイトサイトで、鵜呑みにできない情報が溢れていました。

なので、実際に自分が体験したことをまとめておこうと思った次第です。

少しは参考になるかなと思います。

まずすべきことは

相手のことを知れ!

っていうのが一番です。

要は、買取業者の実情、ってヤツです。

それさえ知ることができれば、自分の取るべき行動が決まってきます。

目的は高く売ることですからね。

買い手からすれば、どんなに高く買います!

と謳っても、いかに相場よりも安く買うかが全てです。

普通に考えればわかると思いますが、

安く買うのが彼らの仕事です。

私たちは高く買います!と言われると、

そうなのかなぁ〜と思ってしまう生き物です笑。

本とかもそうですよね。

でも、その高いの基準がわからない。

相手にとっての「高い」というのが、何を指すのかがわからないんですよね。

我々からすれば、

高く買ってもらう=相場よりも高く買ってもらう

っていう思考がとても大切。

つまり、「金額」ではなく、「基準よりも高く」というのが大切だと私は思うのです。

相場っていうのは需要と供給で決まります。

ですから、相場よりも高く買ってもらうためには

マーケットをコントロールすることが大切なのです。

すいません、すごく難しく、カッコつけて言いました笑。

もう少しわかりやすく説明すると、

相場を知り、相場をコントロールする工夫が必要ということです。

そして、今回売却してみて学んだのですが、

中古車市場には相場があります。

しかも、二つあるのです。

え、、二つ!?

と思われるかもしれませんが、この二つを理解することが大切だと思います。

その二つとは、

一般的な買取相場

そして

業者だけが参加できるオークション市場の相場

です。

通常の買取業者は

個人から車を買い取り、オークションで販売し、利益を得ています。

その一方で、中古車の販売店を(も)やっている業者は

オークション市場から車を買い取り、個人に販売しています。

販売店売値 120万

オークション相場 100万円

一般的な買取り相場 80万円

って感じです。

オークションで100万円で売れる!

と思ってもらえたら、

90万円までなら払えます!

とかってなるんだとと思います。(どのくらいの利益をのっけるのかはわかりませんが)

今回、私の車に関しても、80万くらいが買取の相場と言われました。

(今から思うと、65万っていうのは相当足元を見た見積だと思います

アンカリングでもしたつもりだったのでしょう)

それをオークションに流して、販売店が購入する。

っていうのが一般のイメージです。

こう説明すれば、一つの答えが出るのではないでしょうか?

それは

中古車の販売店の方が、仲介業者よりも高値をつける可能性が高い

ということです。

なぜなら、オークションで転売するのではなく、直接お客さんに販売できますから。

今回の私のケースもまさにそれです。

一般の販売価格を超えて、オークションでの買取相場で買ってもらえた

ということになります。

最初の65万が、叩き買い価格。

そして

107.6万円がオークション価格ってことですね。

じゃあなぜ、私がこの価格で買えたのか。

 

それは、

出張同時査定をしてもらったからです。

多くの業者さんに、同じ日、同じ時間に来てもらって、

一斉に見積を取ってもらうのです。

私はこんなことできるの知りませんでした。

大体5社〜10社に来てもらうといいらしいですね。

私の場合は6社でした。

グーグルで

中古車 一括 見積

とかで検索すると、たくさんのサイトやアフィリエイトサイトが出てきます。

どこでもいいと思います。

私は価格コムの一括見積をお願いしました。

ある程度データを送ったら、

5秒後!から鬼のように電話が鳴り続けます。

そして

「明日10時に〜〜に来てください。そこで決めます。明日車手放します」

これでオッケーです。

ひたすら同じ話をかかってくる電話にします。

まぁ、一社3分として大体8社〜10社から電話くるので、30分あれば終わります。

そして、同じ所に業者さんに集合してもらって、査定開始。

この出張同時査定をしてもらうときは、是非

車を手放してもいい日

にしてください。

25日まで使いたい!

なら26日に査定してもらえばいいのです。

考えてみれば当然なのですが、

その日に車を買い取れるのと、

グダグダ日程調整して、また車を取りに来るのとは

相手の労力が全然違います。

また、相手からしたら、別の業者に乗り換えられるのではないかという心配もあります。

いい見積を出しても、それをダシに相見積もりに使われるかもしれません。

(現に、一社ずつ呼んで、前の業者の買値を提示して、それを上回るように〜〜みたいなことを繰り返すことをお勧めしているサイトもありました)

なので、

以下の点はすごく大切だと思います。

・今日この場で決める

・今日乗って帰ってください

と、こちらの本気度を見せるのです。

この一言で、まず、相手は本気になります。

そしてあとは

・オークション形式で、一番高値をつけた人に販売します

ってことにすればいいだけ。

業者さん側は、

名刺の裏に金額書いて、個別に渡す、入札方式を勧めてきますが、

その日のうちに手放すことを決めているのであれば、オークション形式がいいと思います。

私の場合は、1000円刻みで始まりました。

開始値をどうするか。

これが今回悩みましたが、

開始値は85万円にしました。

65万円の見積を出されたときに話した時の感触として、

80万くらいまではネゴれそうな気がしたからです。

買取業者の見積の相場くらいをスタートにしていいと思います。

ちなみに今回は85万と言ったら何社さんからかはそれは高い!と言われましたが、まぁ結果良い値がついたのでよかったのだと思います。

そしたら、88万円で一社

90万円代で二社

102万円で一社

そして、残りの二社で最後の金額まで競りました。

この値段の差が、

私の車を買い取って、どこの相場に出すのか

ということを明確に物語ってました。

要は、オークションに出す業者は100万円も出せない。

個人に直売りする場合はもうちょっとは出せる

ってことですね。

んで最後に残ったのが

ビックモーターズさんでした。(買い取ってくれたので実名を出しちゃいます笑)

他の業者さんはネットに出すのに対し、

ビックモーターズさんは店舗に直接置くので高い値がつけられる

と、他社さんから伺いました。

つまり、相場が二つあるってことですね。

ただ、ビックモーターズに見積を取れば高値で売れる!

っていうのは違うと思います。

せいぜい、「一般の買取相場よりも高く」でしょう。

より上の価格を狙うのであれば、同時査定は必要不可欠だと思います。

 

そして、その日のうちに乗って帰ってもらったので、

前日に電話してから24時間経たずして売却できたことになります。

今回の経験を通じ、次回に活かすとしたら、以下のようなスケジュールで動くかなと思います。

1、とりあえず一社見積を取る ざっくりとした相場を知るため

2、わからないこと、価格の疑問点はひらすら質問

3、手放す時期を決める

4、必要書類の用意

5、一括見積申し込み

6、手放す日=同時出張査定

んで同時査定では

0、来てもらったことに感謝を伝える

1、マイナス点は全て最初に伝える(いい点もアピールしてもいいかもしれませんが、相手はプロなので、高く売れると思うポイントは勝手に汲み取ってもらえます。ここでは誠実さのアピールの方が大切)

2、今日この場で決めると宣言(この場にいない業者は絡んでないことをアピール)

3、今日乗って帰ってくださいと何回も言う (本気度を伝える)

4、オークション形式と言い張る(入札制にしない)

5、オークションに参加してもらったら感謝をする(降りた業者から自由に帰っていきます)

って感じでしょうか。

確かに6社もの人が自分の車を舐め回すように、というか、

ケツの穴をほじくるかのように見るのは緊張します。

どこもおかしい所ないはずなのにドキドキします。

でもまぁ、それはどうせ売却の上では避けて通れないので。

一社に見積とってもらったらわかりますが

相手は自分を安い値で納得させようと、あの手この手を使ってきます。

そうして、自分の知識もなく、言われるがままに手放すのではなく、

プロに同時に見てもらって競ってもらう方が、何倍も気が楽でもあります。

何より、めんどくさい交渉も必要ありません。

だって、〜〜円にしてくださいよ〜〜

とか、

〜〜なら〜

とかって言っている時点で、

相手の土俵で戦ってるってことですからね。

(売ってあげる〜から、買ってもらう〜という、相手にお願いしている立場になる)

あと付け加えると、

同時査定をすると、同じ地域のバイヤーが集まるので、

そのバイヤーたちは顔見知りのことが多いです。

なので、コソコソ話をされたりするのが気になりますが、

彼らもオークションになると、仕事なので、一生懸命頑張ってもらえます。

結局は1000円でも多く払える人に売るだけなのでシンプルです。

 

今回わかったのは、

車を高く売るために必要なのは

交渉

とか

車の清掃

とか

業者選び

ではない

ってことです。

〜〜の業者なら〜

とか

〜〜の車なら

高く売れる!

なんてことはないのです。

 

必要なのはしっかりとした

準備とルール作り

つまり、自分の土俵を作るってことです。

それさえあれば、ほぼストレスなく、短時間で、高価格で売却できます。

気づきました?

これって投資も一緒ですよね。

どの株買うかとか、タイミングとか、それ以前にもっと必要なものがこれです。

〜の株買えば儲かる!とかって話を信じてしまううちは絶対に勝てません。

まぁ、これがまた乗り換えとかだったら話は変わるのかもしれませんね。

次は値引きとかも入ってくるでしょうから。

 

今回は売却ってことで、私のリアルを書かせていただきました。

あなたも売却するときは、相手のペースではなく、

自分でしっかり準備をして、ルールを整える。

これが自分で相場をコントロールすることになります。

 

そのルールも、投資と違って複雑なものではないので、

私のような形で、大きな損をすることはないのではないかと思います。

是非あなたの生活に活かしてみてくださいね♪

関連記事

カレンダー

2018年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031