さぁ、お金の話をしよう!決めた未来を実現するためのお金の話

menu

マネバナしよう!あなたのライフバランスを実現するためのお金の話

預金封鎖はあり得ない・・・でも、あなたの貯金はなくなっていく!

images (6)

一週間前くらいに、NHKが戦後の日本の預金封鎖について特集を組み、ネット上でもたくさんの反響がありました。

そのニュースを見ていない方は、時間を取って、以下のNHKの記事をしっかり読んでください。
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2015_0218.html

ざ~~っくり要約すると、
戦時中に日本は日本円を刷りに刷って、借金をした。
その額のGDP比は200%以上。今の国の借金と同レベルの額の借金だった。
インフレに悩まされ、国は資産に税金を掛けようと国民の資産を把握するため預金を封鎖。
特に資産を持っている層をターゲットに税金を掛け、財産を没収・・・
みたいな話です。

ちなみについ最近キプロスでも預金封鎖は起こりました。

と、せっかく読んでは頂きましたが、私の考えを申しますと、

今後の日本で、「預金封鎖はあり得ない」と思います。

なぜならもう既に富裕層は預金を大してしてないからです。

銀行を封鎖したところでそこにお金は入っていないのですね。

じゃあ証券会社・・・となるかもしれませんが、富裕層の資産はドンドン海外に逃げている状態。

つまりは預金封鎖をしたところで、今の時代たかが知れている・・ってことです。

富裕層からお金を取ろうとしたら、それこそピケティみたいにいかに資産に税金掛けるか、相続税をたくさん取るか・・・って感じですかね。

ってことであなたの預金は安全だと思います!

 

そして一生懸命貯金をしているあなた。

今回はあなたのためのお話です。

よく考えながら読み進めて下さいね。

 

日本の借金、いくらあるかご存知ですか?

大体1100兆くらいですか。

これだけ見たら仰天しますが、
負債だけでなく、資産を見てみると、

日本の企業は大体230兆くらいキャッシュを持っていて、

個人資産は1500兆と言われています。

それに対外純資産(海外にもつ資産―負債の額)が300兆くらいですかね。

ってことで、別に今すぐ日本国債がやばい!!

ってわけではないと思います。

・・・・・私は信用していませんが笑

 

そして、アベノミクス、つまり国策で今、何をしようとしているか。

簡単にいうと、

「国の借金を減らそう」

という政策です。

インフレによって、借金を目減りさせようとしているのです。

 

日銀が132兆円お金を創造する。

すると、

円の価値は半分になる。

あくまでも机上の空論、数字上の話をしますけれど、

 

1ドルが今120円としてこれが180円になるかどうかわからないけれど、

仮に半分になったとしたら、どうなります?

・企業の資産:230兆→ 115兆

・個人金融資産:1,500兆→ 750兆

海外資産は増えますね。600兆円ですか。

そして、借金が550兆円になる。

これがアベノミクスでやろうとしていることです。

普通にやったら1,000兆円なんて返せないですからね。

 

つまりは、日本は国を上げて円の価値を下げようとしているのです。

現金を持っていたらどんどんなくなっていく・・・ということなのです。

預金封鎖なんかする必要、ないんですよね。

 

今までのデフレの世の中、貯金をすることが結果としてベストな投資でした。

でも今は違います。

現金は日銀が円を刷れば刷るほど・・・円安になればなるほど目減りしていく・・・

そのような世の中なのです。

 

つまりは、一生懸命貯金ばっかりしてても、豊かになれず・・・

逆にドンドン貧しくなっていく・・・そういう世の中になりつつあるんですね。

現に1ドル75円から半分くらい円が安くなっていますよね。

 

じゃあどうすればいいの!?

ってなると思いますので、今回はそこまでお話しますね。

 

シンプルに考えれば3つの方法があると思います。

 

1つは今ある資産を運用するということ。

もう1つが借金をするということ。

そして、外貨を持つということ

です。

それぞれ見ていきましょう。

1.資産運用する

一般的に株や不動産はインフレに負けず、インフレと共に値上がりしていくといわれています。

今ある預金で資産を買って運用するのはまず最初に考えられることでしょう。

 

2.借金をする

みんなが大嫌いな借金。お金を貯めたいのに借金なんて・・と言われてしまいそうですが、

上記でお伝えした通り、アベノミクスは借金を減らすための政策です。

だから私たちも、今のうちに借金をして、国に減らしてもらえばいいのです。

インフレ政策とはそういうもの。

問題は、借金をして現金で持っていたり、消費するのでは意味がなく、資産を買わなくてはいけないということです。

不動産を買うとしたら、何を買うか。どこを買うか。流行りの太陽光とかも面白いかもしれません。

個人でローンを組もうと思ったらどうしても不動産ってなってしまいますよね。

しかも現在は今までにない低金利。

もちろん場所にもよりますし、何を買うかにもよりますが、不動産を買うことは一つの選択肢になるのでしょうか。

 

3.外貨を持つ

 

不動産を買え!!株を買え!!と言われてもハードルが高い方は、外貨を持つことをお勧めします。明日からできます、

と言いますか、今の世の中日本円だけを持つなんて、私から見ればリスクが高すぎます。

円安に対するリスクヘッジができていない状態だからです。

120円!もう十分円安だよ!!って思われるかもしれませんが、今のレートは所詮はいつか来た道。

つまり、ドル円360円時代から75円まで円高になり、その反動が来ているのです。

どうして120円が円安と言えるのでしょうか。

アベノミクスも始まったばかり。まだまだ円高かもしれません。

まぁ別に今が円安か円高かを議論しても仕方ありません。

私が言いたいのは、

「円安になっても大丈夫な備えはできていますか??」

ということです。

確かに日本だけで生活する分にはドルとのレートなんて気にしなくていいかもしれません。

それでも、インフレという形で、ドンドン実質価値は目減りしていきます。

「それに備える準備はできていますか??」

ということです。

 

この2年で大分海外にも行きづらくなったと感じる方も多いのではないでしょうか??

これからもっともっとそうなる可能性があって、それに備えましょう!!ということなんですよね。

ということで、

銀行で外貨預金しましょう!!

 

なんてことは絶対言いません。

 

むしろ、外貨預金をしている人は見直すべき。

ここで私が提案するのは、

リスクヘッジとしてのFX。

これです。

FXってギャンブルなんじゃないの??危ないんじゃないの??とよく言われますが、

バカとはさみは使い方次第。

FXも同じです。

FXをギャンブルとしてではなく、円安へのリスクヘッジとして利用しませんか??

 

次回ははFXをどうやって円安へのリスクヘッジに活用すべきか、説明させていただきます。

関連記事

カレンダー

2018年5月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031