さぁ、お金の話をしよう!決めた未来を実現するためのお金の話

menu

マネバナしよう!あなたのライフバランスを実現するためのお金の話

FXと震災 私たちがすべきこと

ダウンロード (1)

あの悍ましい東日本大震災から、もう4年が経ちました。

 

今日は特別。

当時を振り返りながら、「FXと震災」について考えてみます。

 

FX 震災 って検索すると、なんで円安になったのか・・・とか、値動きに関することばっかりが出てきます。

 

私は基本的に値動きにあまり興味がないので、そんなのとは全く違った話になります。

 

せっかくの日なので、今日はいつもとは違う感じでいきましょう。

 

 

当時の私はまだ大学生。

 

FXなんて言葉も知らず、新社会人として希望を持ち、内定者としてお台場で研修を受けていました。

 

地震が起こり、隣のビルが火事になり・・・

 

レインボーブリッジが封鎖され、ゆりかもめ(電車)も止まり・・・・

 

研修最終日だったので宴会があったのですが、彼女が新橋で孤立しているとのことで、

 

重い荷物を抱えて新橋まで歩いて迎えに行きました。

 

そして当時住んでいた恵比寿まで二人で歩いて帰りました。

 

その後その彼女と結婚したので、もしかしたらその時に絆が深まった、「震災婚」なのかもしれません。

 

恵比寿まで帰る途中で、広尾の焼肉屋に入ったんです。

 

人こそ少なかったですけど、まさかこんなに大きな震災だなんて、その時はあまり実感湧いていませんでした。

 

帰ってテレビ見て、、次の日の街の反応をみて・・・

 

ことの重大さが次第に身に染みてきました。

 

 

街のネオンも暗くなり、、

 

親からは札幌に帰ってこいと言われました。

 

もうすぐ卒業。

 

大学生活最後の春を過ごしていた私としては、帰るつもりは全くなく。

 

世の中のムードになんとか抗うよう、いつも通りの生活を送ろうと頑張りました。

 

 

不謹慎だ!!

 

 

 

何か楽しいことをしようとする度に、そう言われた覚えがあります。

 

ちなみに私は震災翌日から友人と常に渋谷の雀荘に入りびたり・・・

 

昼から麻雀して夜は飲んで、そのあと朝まで麻雀。

 

昼まで寝てからラーメン食べて、また渋谷集合。

 

そんな生活を送っていました。

 

 

親に帰ってこいと言われたときも反論したのですが、

 

元気なものが、いっぱい楽しんで、いっぱいお金を使わなきゃダメなんですよ。

 

なんとなく、人目を気にして、

 

家でACのぽぽぽ~ん ってCM観ていたって、なんの意味もないんです。

 

 

だから私はいつも以上に遊ぶ。

 

いつも以上にお金を使う。

 

これが結果的に日本のためになるんです。

 

 

・・・・という言い訳を自分にも周りにもしながら、遊びまくっていました。

 

 

よく震災のために何ができるのか

 

なんてこと議論されるじゃないですか。

 

私の答えはこれです。

 

「いかに個人が多く稼いで多くお金を使えるか」

 

これに尽きると思います。

 

 

金を持っていない人が、頑張って節約して、少額を寄付したって仕方ないんです。

 

否定はしませんけどね。

 

寄付することは大賛成ですが、

 

節約して~~~とか、

 

自分が我慢して~~

 

っていうところが大反対。

 

シャンパンタワーの法則と同じで、

自分を満たせない人が、周りに何か与えられるわけはないんです。

 

つまり、より多くのことを、日本のため、東北のために貢献したいと思うのであれば、

 

まずは自分自身を満たす。

 

自分自身が稼げるようになる。

 

そこからです。

 

そのあとに、たくさん日本のために、東北のために消費すればいいのです。

 

そのお金をたくさん循環させればいいのです。

 

 

だから!

 

あなたはFXで稼げるようになる必要がある。

 

ダラダラ損失を垂れ流している場合ではないのです。

 

あなたが稼いで、たくさん消費する。

 

これが一番。

 

これ以上の形はないのです。

 

そのためにこれからもたくさん稼いでください。

 

ビジネスでも投資でも。

 

たくさん稼ぐには、たくさん勉強する必要があります。

 

言われたことをしていれば稼げる時代ではありません。

 

たくさん勉強して、たくさん考えて、たくさん行動する。

 

ダラダラテレビを見ている時間は勿体ないでしょ。

 

不謹慎だと家にいること、貯金を貯めることは全く経済的な活動ではありませんからね。

 

あなたもFXで稼ぎましょう。

 

そして、日本のためにたくさん消費できるようになりましょう。

 

それが一番。

 

さぁ、今日からまた気合い入れてやってきましょうね!!

関連記事

カレンダー

2018年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031